オーダータオルの取り扱いのご注意点です

プリントタオルについてのご注意点

プリントされたタオルは洗濯により多少色落ちいたします。
特にソフト顔料プリントはタオルの表面にインクが乗った状態ですので、必ず色落ちします。
長時間、水につけた状態ですとタオル全体に着色する場合がありますのでご注意ください。

カラータオルについてのご注意点

カラータオルは洗濯により多少色落ちいたします。
また、塩素系漂白剤などの使用により色落ちは激しくなりますので使用しないでください。
必ず白いものとは別にしてお洗濯してください。

新しいタオルを使用する際は洗濯しましょう

タオルは製作の過程でさまざまな工程を経て製品となります。
商品によってはタオルを織ってから晒す(または染める)ものや、糸を晒してからタオルを織るものなど様々です。
タオルの表面には埃などが付着している場合がございますので使用前は必ず洗濯をしてください。
洗濯することにより表面の埃などが取り除かれます。

洗濯の仕方

ほぼ丸洗いの洗濯で問題ありませんが、薄い生地などは洗濯ネットに入れてから洗濯してください。
また、色物のタオルやプリントをしたタオルは白いものと区別して洗濯してください。
濃色のタオル(黒・紺・赤・エンジなど)は特にご注意ください。

毛羽について

タオルは自然の綿製品ですので最初はほとんどのタオルで毛羽落ちが発生いたします。
バスタオルなどの厚手のタオルを一度にたくさん洗濯されますと、タオルとタオルが擦れ合い
大量の毛羽が発生する恐れがあります。
必ず少量でのお洗濯をオススメいたします。
また、毛羽落ちは通常ですと2〜3回の洗濯で落ち着いてきます。

漂白剤や柔軟剤について

タオルは天然繊維の綿でできております。漂白剤や柔軟剤は天然繊維を傷つけてしまいます。
過度のご使用は毛羽落ちの原因にもなりますので適度なご使用をお願いいたします。
また、塩素系の漂白剤はタオル生地の劣化と色落ちの原因となります。

ドラム式洗濯機・乾燥機のご使用について

ドラム式の洗濯機や乾燥機をご使用の方はタオル生地を傷める原因となりますのでご注意ください。
毛羽落ちやタオルの縮みなどの原因ともなります。

タオルの干し方

洗濯後、形を整えて風通しの良いところで陰干ししてください。
ただし、濡れた状態のタオルをパンパンと強くはたくと繊維が伸び、タオルが破れる恐れが
ありますのでご注意ください。

パイルについて

タオルは水を吸い取るために糸をループ状にし、毛の部分を作ります。
この部分を「パイル」と呼びますが、爪や突起物に引っかかると、スルスルっと延びてしまいます。
この延びたパイルはハサミでカットしていただければ問題なくタオルをお使いいただけます。

輸入品タオル生地について

昔は輸入品のタオルはあまり白くなく、安っぽい商品が多かったのですが、近年は品質も向上し
日本製にひけをとらないタオルがたくさんあります。
品質の良い輸入品のタオルは、質のあまり良くないタオルよりは割高です。
ご予算重視のお客様には、質の悪さも含めてお安いタオルをご案内することもありますが、
必ず品質の善し悪しをお伝えしておりますので、ご理解の上、ご購入ください。

日本製タオル生地について

タオルの価格改定はタオル業界全体で変わる場合が多く、予兆はあるものの突発的に起こります。
2010年にはタオルの素材「綿花」の価格が高騰し、タオル業界はもとよりアパレル業界も値上げ
せざるをえない状況になり翌年にはタオルの原価が大幅に値上がりしました。
そして高止まりしたまま下がることはございませんでした。
これは当店のみの問題ではなく、業界全体の動きですのでご容赦ください。
毎年、リピートでご注文いただいているお客様には大変申し訳ございませんが、価格変更を
お願いする場合があります事をご了承ください。